韓国メイクアップアーティストが教えてくれる冬の水光肌の作り方とおすすめアイテム10選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

乾燥するこの季節、どんなに水分の多いファンデーションを使っても、どんなにスキンケアに時間をかけても、時間がたてば粉をふいたりファンデーションがよれてしまったりなかなかうまくいきませんよね。そろそろ本格的に冬メイクを見直さないといけなくなりました。

そこで、今回韓国メイクアップアーティストが教えてくれる

“乾燥する冬にも負けない水光肌の作り方と、おすすめのアイテム”

をいくつか紹介します。

密着力をあげるフィッティングスティック

角質が目立ち、弾力が落ちてくるこの季節、これまでと同じスキンケアとベースメイクではメイクが浮いてしまうのは確実

スキンケアの仕上げの段階でベースの密着力を上げてくれるオイル成分が入ったスティックを肌のキメに合わせてすっと塗ってあげると浮き上がった角質が落ち着き、肌のキメが整います。

スキンケアの段階では乾燥するからと油分の多い重いタイプのものを塗るよりは、水分&弾力セラムなどを2回ほどレイアリングして塗ってあげる方が効果的です。

1.ゲラン アベイユロイヤルダブルRセラム

( ▼画像クリックで商品ページに移動します。)


重くないセラムタイプで肌の水分と弾力を同時に与えてくれ、メイクの前に軽く使えます。

2.espoir エスポワール フェイスマグネットフィッティングスティック

浮き上がった角質を即座に緩和してくれ、同時に肌をしっとりさせてくれます。ファンデーションの前に塗ると密着力アップ!

 

水分再生クリームとコンシーラーを活用

トナーにエマルジョン、それに再生クリーム少量を重ねて肌に染み込ませます。このとき、肌に有効成分をしっかり染み込ませるためにゆっくり時間をかけて塗っていってください。

水分再生クリームはメイク崩れしにくいジェルタイプのものがおすすめ。ジェルタイプは冬に使うにはさっぱりしすぎなのでは?と感じるかもしれませんが、トナーとエマルジョンをしっかり染み込ませていれば全く乾燥しません。

その次にコンシーラーでシミやくまをカバーして、水を染み込ませたスポンジで少量のファンデーションを顔全体に塗っていくと、時間が経ってもメイク崩れを知らないベースメイクの完成!

1.CLIO キルカバーリキッドコンシーラー

(▼画像クリックで商品ページに移動します。)




薄く軽く肌の欠点をカバーし、より自然な肌に導きます。

2.セントルイス1801 ハーウォーターリペアクリーム

94.2%の保湿成分を濃縮した製品で肌の水分バランスを整えコンディションを回復してくれます。

 

水分と油分のバランスを整える

水分の油分のバランスを整えることは1番重要です。軽い水分クリームを塗って顔全体と首、デコルテラインをマッサージした後ティッシュで軽く押さえます。

その後、フェイシャルオイルを1.2滴手に落とし、手の温度を使って顔全体に染み込ませます。

肌の奥に染み込ませた水分が逃げていかないよう保護膜の役割をすると同時にベースの密着力を高める方法です。

その後しっとりしたファンデーションをブラシで薄く広げたあとは、フィクサーを顔全体にスプレーしてさらにしっとり仕上げると、持続力、密着力ともに最高の水光肌メイクの完成!

1.CHANEL ハイドラビューティーマイクロクリーム

(▼画像クリックで商品ページに移動します。)


肉眼で確認できるマイクロバブルの中に活性有効成分を閉じこめ、肌をしっとり血色のある肌に導いてくれる軽いタイプのクリームです。

2.MAC PREP&PRIME フィックスプラス

(▼画像クリックで商品ページに移動します。)

肌に即座に水分を供給して刺激を受けた肌を鎮静させ、メイクを固定します。

 

スポンジでスキンケアを塗る

ピーリング剤が少し入ったトナーパッドで肌のキメに沿ってふいて簡単に肌の角質を整え、その後オイルと水分クリームを1:2の割合で混ぜスポンジで叩きこみながら肌に染み込ませるとキメの整った弾力のある肌を作ることができます。

スポンジで塗ると肌がさらにしっとり見える効果があるので韓国の雑誌撮影などの時は必ずスポンジでスキンケアを塗り込むそうです。

さらにファンデーションを塗り込む時もスポンジにエッセンシャルトナーを染み込ませて肌に叩き込んで密着させていくと、角質や毛穴が一切見えないツルッとした肌を演習できます。

1.LA MER CREME DE LA MER

(▼画像クリックで商品ページに移動します。)


軽いモイスチャライジングソフトクリームでベルベッドのように柔らかな肌に仕上がり、肌に潤いをもたらします。

2.BOBBI BROWN エクストラフェイスオイル

(▼画像クリックで商品ページに移動します。)

さわやかなアロマの香りが心身をリラックスしてくれ、植物性のオイルが肌をさらに柔らかくしっとりさせてくれます。

保湿エッセンスがベースメイク接着剤の役割に

冬は、ファンデーションと肌の間に接着剤の役割をするエッセンスを塗らなければいけません。しっとりしたテクスチャーの保湿エッセンスが最適。

コットンにオイルミストをたっぷり振ってフェイスパックのように置いておきます。10分後肌の内側まで保湿してくれるセラムを手で肌のキメにそって伸ばして手で覆うように染み込ませたら、角質が落ちつきしっとりします。

その後、水分ベースを塗ってファンデーションをレイヤリングしたらまるで接着剤を塗ったようにメイク崩れを知らない肌の完成。

1.JUNG SAEM MOOL エッセンシャルムルクリーム

(▼画像クリックで商品ページに移動します。)


リキッドが肌に触れると栄養クリームのようなテクスチャーに変化し、肌の内側と表面を保湿してくれます。

2.RMK メイクアップベース

(▼画像クリックで商品ページに移動します。)


70%水性成分で出来ており、血色のあるしっとりした肌を演出してくれるウォーターインオイルタイプのメイクアップベース。

以上韓国メイクアップアーティストが教えてくれる冬の乾燥にも負けない水光肌の作り方と、おすすめアイテム10選でした。

いくつか紹介した水光肌の作り方の中で自分に合った方法を探して見てください。

日本でも購入できるアイテムもたくさんあるのですぐにとに入れることができそうです。

スポンジにエッセンシャルトナーを染み込ませるなど少しの工夫で冬でもしっとり肌が完成するんですね!

ぜひ真似してみてください。

 

韓国美人が気をつけている美肌の為の習慣5つ

韓国マスクパックランキング ベスト5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る