急激なダイエットのせいで摂食障害にまでなった韓国芸能人5人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

誰もがうらやむスタイルの芸能人たち。その裏には血の滲む努力をしている事も少なくはありません。

芸能人だって同じ人間です。誰もがうらやむ体を作りあげるのは簡単なことではないですよね。テレビに出演している時間、舞台で素晴らしいステージを披露している時間以外は全て地味な努力と言っても過言ではありません。

その中でも急激なダイエットを繰り返し、摂食障害にまでなってしまった芸能人5人をご紹介します。

 

1.IU

 

16歳でデビューしたIUはハードなダイエットで体重を落としたことで有名です。

何度もダイエット繰り返していましたが、“やる時はやる、やらない時はやらない。”と極端な性格のため、いつも絶食をするか、暴食をするかのどちらかで、過食症になった事もあると告白しています。

IUは自分の事を信じることができず、どん底に落ちてしまった時、その空虚感を過食をすることで埋めていたといいます。

2 ユン ギュンサン

 

ユンギュンサンは高校生時代100キロを超えていたそうです。

大学入学試験がおわった時からダイエットをはじめ、4カ月で36キロ減量したそうです。

食事をきちんととらずにハードな運動を繰り返していた為、食べ物を食べただけで嘔吐してしまっていたほど重い拒食症になってしまったそうです。

 

3 Apink ウンジ

Apinkのジョンカーダシアンと呼ばれているウンジもダイエットの為に辛い時期をすごしていました。

ウンジといえば、ダイエットのプロと呼ばれていますが、そう呼ばれるまでには紆余曲折あったようです。

➖14キロダイエットに成功したダイエットのプロ、ウンジが教えてくれるダイエットのコツ

デビュー当時のウンジは少しぽっちゃりしているイメージでした。ウンジは他のアイドルの様に早く体重を落とさないとと思い、食欲抑制剤を決められた量以上に飲んでうつ病になった過去があると告白しています。

現在は健康的な食事と運動で綺麗な体をキープしています。

4 ソイ

90年代に19歳の時にアイドルグループとしてデビューしたソイは韓国の歌手であり俳優です。

ソイはアイドルだった当時を振り返り、本当に辛かったと語っています。

アイドルとしての外見のイメージにとらわれ、それは体重を落とす事につながったと。その後度重なるダイエットの挙句拒食症になってしまったそうです。

 

5 Ladies Code イ ソジョン

レディースコードのイソジョンはアイドルとしてデビューする為に12キロ減量したと告白したことで話題になりました。

テレビに映る自分の姿を見て衝撃を受けダイエットを決意し、1番体重が軽い時は38キロだったといいます。

その時は、何かを食べたくなる自分が本当に嫌いで、拒食症になってからは生理が1年近く止まっていたと告白しました。

 

一般人は芸能人程ダイエットを強迫される事は少ないかもしれませんが、芸能人にように綺麗になりたいと思ってもやっぱり健康的に自分にあったダイエットをするのが1番ですね。

絶対痩せる!韓国インフルエンサーの人生ダイエット4選

ダイエットで別人になった韓国アイドル5人